鍼灸がお手伝いできること

鍼灸には、「症状」だけでなく「お身体全体を整えていく」作用があります。

筋肉の緊張の緩和、消炎・鎮痛を促します

使いすぎや姿勢・冷えなど、様々な事柄に影響されて、筋肉が緊張するとコリや痛みが現れやすくなります。鍼による「ツボ」への刺激、また時には温めることにより筋肉の緊張を緩め、しなやかで血行の良い状態へと戻していきましょう。
また、鍼灸が持つ鎮痛・消炎作用により、捻挫や神経痛などにも対応します。

血行を良くし、カラダを温めます

お身体が冷えるのはつらいですね。「鍼」や「灸」をすると身体がポカポカと温かくなります。血行の良い身体は、疲れ物質や老廃物を排出しやすくし、疲れも溜まりにくくなっていきます。
身体が冷えると筋肉が固くなりコリや痛みの原因にもなります。特に下肢の冷えは、生理やお腹の調子・腰などにも大きく影響しますので、温かくしておけるといいな、と思います。

自律神経を整えます

自律神経が乱れると様々な症状が現れます。日によって症状が変わったり、カラダの自然のサイクルがずれてしまったり。日常のイライラや緊張感で乱れた自律神経を整え、ちゃんと眠る、おいしく食べる、良いお通じがある、血圧を安定させるなど、カラダの基本の働きを助け、休息・回復を促します。

治未病(ちみびょう)

「未(いま)だ病(や)まざるを治(ち)す」 まだ病気じゃないうちに治しましょう、という考え方です。病気ではないのだけれど、どうも今一つ、すっきりしない。疲れが取れない。そんな病気になってしまいそうな一歩手前で身体を整えましょう。「予防・体調管理」としても鍼灸は頼りになると思います。


症状を緩和するだけでなく、大切なお身体を健康な状態に整え守ることも「鍼灸」なのだと考えています。

 

return to TOP

 

 ◀「HOME」へ戻ります