施術のこと

初めての方はきっと、どんな施術?どんなお部屋?いろいろ緊張されると思います。こじんまりしたこの部屋にも、見慣れないモノがあるかもしれません。鍼灸が初めてなら尚更です。気になるモノは訊いてください。勿論、鍼もモグサもご覧頂いております。
オートロック・カメラなどセキュリティも充実しておりますので安心した時間をお過ごしいただけます
港北福祉保健センター届け出機関です。

白とパステル系で柔らかい雰囲気のお部屋です。


施術にかかる時間は

施術の方法、症状、受けられる方の時間的なご都合にもよりますが1時間から1時間半の予定です。初見時には、15~30分ほど多くお時間を頂いております。

施術前には

こうすると痛い、こういう症状がつらい、鍼がこわい…など。お困りの症状や不安なことなどをお伺いさせて頂いております。どんな小さなことでも、声に出してください。施術方針などご相談をし、ご納得いただければ施術に入ります。 不安のない中で、楽な姿勢・ゆったりした気持ちで身体を休めて頂ければと思います。

施術の流れは

お着替え後、手首での脈、おなか、舌、血圧などを診せて頂きます。
お身体全体の調整と、症状を和らげるための施術をすすめます。
症状によっては、カッピング(※1)・皮内鍼(※2)・運動鍼(※3)などをご提案させていただくこともあります。
ツボも、施術方法も、受けられる方の症状・体質・体格などに合わせてご説明をし、同意を頂きながらの施術です。

術後には、温かいお飲み物で一息つきながら、日常で気を付けると良いことや養生などのお話をしています。
いつもの姿勢、何気ないクセ、ちょっと気を付けるだけでも、楽に過ごせるようになることも多いのです。

カッピングのガラス玉とモグサです。

カッピング用のガラス玉と、お灸のモグサ

※1 カッピング:吸角(きゅうかく)、吸い玉、とも呼ばれます。強いコリ感のある首~肩~腰に用い、ガラス玉の中を陰圧にすることによって、筋肉をほぐし血行を促します。多少痕の残る場合がありますが、通常は数日で消えていきます。

※2 皮内鍼(ひないしん):絆創膏で固定する、わずか0.6ミリの小さな鍼です。効果の持続が期待でき「お守り」と言って下さる方の多い施術です。 

※3 運動鍼(うんどうしん):動かすとつらい症状に用います。例えば「寝違い」で「これ以上左を向けない」という様な時、ツラくない程度に首を動かしながら、痛みを追いかけ追い出す方法です。運動制限の緩和に役立ちます。

お願いごと
例え施術中でも「こんな症状もあったな」と思い出されたら、どうぞ声に出してください。鍼も優しく痛みが無いようにと施術していますが、時には針先を感じてしまうこともあるかもしれません。そんな時も、どんなことでも、気になる事は遠慮なく声に出してください。よろしく宜しくお願いいたします。

このページのトップへ戻ります

鍼灸に関する良く頂く質問をまとめてあります



ご予約・お問い合わせは
TEL:045-546-4162