よく頂くご質問

Q.鍼は痛くないのですか?

A.慣れた方ですと途中で寝てしまわれることもある程度で、指先で軽く「トントン」とされる感じです。初めての方から「もう刺さったのですか??」と驚かれることもあります。
痛みが無いようにやさしい施術を心がけていますが、鍼がこわかったり、緊張感が強い場合、鍼先を感じてしまうこともあるようです。鍼を抜けばすぐ治まりますので遠慮せず言ってください。

「鍼」と「縫い針」の違いです。

上が「鍼」下が「縫い針」です。鍼の右側の太い部分は鍼を持つための鍼柄です。
鍼は髪の毛ほどの太さしかなく、繊細でしなやかです。当院では0.12~0.18ミリを使用しています。
注射針や縫い針とは硬さも太さも針先の形も違いますので、安心してください。
ストローのような管を使いお身体には浅く2~3ミリの刺入となります。

Q.鍼は使い捨てですか?

A.毎回滅菌済みの新しい鍼を使用し、施術後に廃棄いたします。感染などの心配もありません。

Q.お灸は熱くないのですか?

A.優鍼堂では主に、お肌に直接触れない方法でお灸をしています。ふんわりと気持ちの良い温かさを感じて頂けると思います。

Q.着替えは必要ですか?

A.お着替えをご用意しております。前ファスナー、背中側はマジックテープの上下セットです。ご自身のお召し物をご希望の場合は、おなか・背中・ひざ下を出しやすい着衣をお持ちください。お着替え用のスペースもあります。

お着替えと、お着替え用のスペースです。


Q.施術のあとに気を付けることはありますか?

A.基本いつもの通りお過ごし頂いて大丈夫です。お酒と長風呂は、血行が良くなっているため「酔い易い・のぼせやすい」と感じる方が時々居られます。当日は少なめ・短めをおすすめいたします。また施術のあとはカラダがポカポカと温かく、とてもリラックスした状態になっている為、なんとなく眠いような、お風呂上りのような感じになる方も少なからず居られます。そんな時は温かい飲み物で落ち着きます。
原因・症状もそれぞれですので、都度その方に必要な「気を付けること」をお伝えしています。

Q.どのような症状に効果がありますか?

A.鍼灸には、多くの適応症があります。

当院へも、色々な症状でお悩みの方が来院されます。
女性特有の不調 更年期障害・生理痛/不順・生理前後の諸症状 など
手足やカラダの冷え
ストレス・自律神経の乱れ イライラ・気分の落ち込み・うつ症状・不眠・下痢 など
頑張ってるカラダの疲れ 首肩こり・倦怠感・眼精疲労・頭痛 など
痛みの症状 寝違い・腰痛・坐骨神経痛・捻挫・五十肩 など
何ともないよ、もう治っているよ、といわれても続いている症状
手術後の体力回復
身体のメンテナンスとして(治未病)
お天気痛(お天気が崩れる前に、痛みや体調不良が起きる:気象病などとも呼ばれる)
顎関節痛・歯痛・耳の症状・のど痛 など

など、という表現になりましたが、症状も原因もしんどさも多様です。
何かの症状でお悩みでしたら、問い合わせてみてください。

上記も含め、鍼灸の適応症をまとめてあります。
このような症状に へ  


ご予約・お問い合わせは
TEL:045-546-4162